お財布作りなら日本の職人の技術が世界一!

世界のブランドを買い漁る中国人富裕層

世界の有名ブランドのお財布も魅力的ですが、とっても身近な日本の職人さんが作ったお財布が
技術的には世界一かもしれません。持っていて飽きのこない一流品をご紹介しています。

 

ヨーロッパなどでは、高価なブランド品を持っている人は少ないそうですね。
自分の身の丈にあった生活をするということがやはりとても重要だと思います。

 

ブランド品とは、そのメーカーの生い立ちや歴史に共感した人々がファンになり、好んで身につけるものだと思います。ただ、日本人で本当にそんな深いところの共感があってブランド品を身につけている人は、ひょっとすると希なのかもしれません。

 

最近では、中国の経済事情が良かったこともあって、海外の有名ブランドは、中国市場を最需要拠点に据えてビジネスを展開しているように思います。以前の日本を見るように多分ブランドの本国では、非常に冷めた目でビジネスと捉えているのでしょうね。単なるブームだとしても非常に楽なビジネスができると睨んでいるのではないでしょうか?

 

ただ、最近の中国市場を見ているとこの中国の好景気は、長く続かないだろうと思わざるを得ません。

日本の技術を見直そう!

日本人も好景気に浮かれていた頃は、きっとヨーロッパ諸国のブランド本家からは馬鹿にされたような印象で見られていたのではないかと思います。小さな家に住みごく普通の庶民がべらぼうに高いブランド品を持って歩く様はある種異様だったのではないでしょうか?

 

団地に住んでルイヴィトンの財布を持ち歩くなんてとてもナンセンスだともいます。
やはりバランスが第一ですね。

 

日本の縫製技術は世界一と言われる程ですが、お財布の作りも日本で作ったものが
世界一のような気が致します。

 

安くても有名でなくても本当に良いものをつくる職人

現在の日本で本当に良いものを作る職人に海外でなめした皮革を輸入して作ったものが、
多分世界で一番貴重なお財布だと思います。

 

そして、そんなお財布を作り続ける会社が、最近話題になっているのです。
こんなに喜ばしいことはないお思いますし、本物ものがわかる方が、
これほど多かったという事実に唸らざるを得ません。

 

そんな会社のお財布を紹介しているサイトがここです。 → http://openuserinnovation.com/

汚れじゃないですよ!

緑のお財布
革の味が使うほどに深まるお財布って日本ではなかなか売っていませんよね。
でもここのお財布は、外国で舐めした皮で日本人の職人さんが作っているからものすごくいいですね。